▽FX情報:4つの相場を読んでテクニカル分析

FX(外国為替証拠金取引)初心者必見のお役立ち情報をお届けしています。
初めての方でなくても、おさらいとして覚えておくとよいでしょう。

 

テクニカル分析を読むことが出来ないと、どのテクニカル分析が有効なのか判断することが不可能です。
これらの為替相場というのは、常に一定のレートに留まることはなく、「上昇トレンド」「下降トレンド」が基本となります。

 

もみ合いながらトレンドを形成する「もみ合い相場」一定の価格の間を行ったり来たりする「レンジ相場」を繰り返しています。
相場というのは4つしか存在しないので覚えておきましょう。

 

FX(外国為替証拠金取引)で負けが続いてしまっている人も皆さまの中には大勢いらっしゃると思います。
その原因となってくるのが、やはり間違っている取引スタイルで実践をしているからなのです。

 

FX(外国為替証拠金取引)でテクニカル分析を利用する場合、相場が読めなければ勝つことは出来ません。
上昇なのか、下降なのか、それともレンジなのか?はたまたもみ合いか?ということです。





神戸 賃貸
神戸 賃貸チェック
URL:http://www.houseplanning.net/


▽FX情報:4つの相場を読んでテクニカル分析ブログ:19年09月20日

「食べること」と「食べないこと」では
どちらの方が痩せるでしょうか?
…という質問をしたら、ほとんどの人は、
「食べないこと」と答えるでしょう。

オレも昔は、そう思っていました。
実際、食べなければ、
二日3日で
8`〜8`は簡単に痩せますからね。

この思い込みから、
多くの人は食べないシェイプアップを始めます。
そして、すぐに痩せ始めます。
当然ですよね。
体質にエネルギーを入れずに、どんどん使うのですから…

しかし、人間の体質は良く出来ていて、
体質に蓄えていたエネルギーが突然減り始めると
エネルギーの節約が始まり、入ってきた食べ物から少しでも
エネルギーを取り込もうとし始めます。

このため、徐々に痩せにくい体質に変化し、
一生懸命にシェイプアップしても、
体重の減らない時期が始まります。
これが、停滞期の正体なんです。

さらに、十分にライスを食べていないと、
栄養不足にもなってしまいます。
炭水化物などの消化は、
色々な栄養素が複雑に絡み合って行われているので、
栄養が不足していると、消化が十分に行われなくなるんですよ。

だから、
ちょっとしか食べていないのに、
体重が増えるという現象が起こるのです。

好きなおかしも食べられない。
でも、体重は減らない。
ちょっとでもライスを食べると、
体重は簡単に増えてしまう。
どんどんストレスはたまり、ついにはシェイプアップを断念!
そして、リバウンド。

このように
食べないシェイプアップは、
リバウンドを起こすと同時に、痩せにくい体質を作り出すのです。

一方、規則正しい食生活を送れば、
ストレスも溜まりにくくなり、
さらに太りにくい体質になれるのです。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜